天徳寺の桜葬について

天徳寺樹木葬 桜葬について

桜の木の下で共に眠る。

桜葬地の大山桜。ソメイヨシノの花付きとは違って、葉っぱの芽吹きと一緒に花が咲きます。ソメイヨシノより花期は1~2週間遅いです。
桜葬地の大山桜。ソメイヨシノの花付きとは違って、葉っぱの芽吹きと一緒に花が咲きます。ソメイヨシノより花期は1~2週間遅いです。

3本の大山桜の下に墓所を用意しました。一本の桜の木の下に多くの方が眠る共同式です。しかし、お骨は他の人のお骨と重ならないように埋葬されます。


第一樹木葬の端に大山桜を9本植樹しました。そのうちの3本を桜葬として使用しています。

 

大山桜は桜の中でもっとも長寿です。樹齢千年を超すものもあります。天徳寺の桜葬地の大山桜も、数十年後には見事な木になって成長してくれるでしょう。

 

桜の元にお一人あたり30cm×30cmの区画に個別に埋葬されます。
桜の元にお一人あたり30cm×30cmの区画に個別に埋葬されます。

お1人一区画30万円の永代使用料をお納め下さい。なお、生前予約される場合、桜葬会員費年間5千円が必要となります。この会費は事務通信、寺院施設使用等の費用に当てられます。

 

詳しい規則をご覧になりたい方は下記をクリックして下さい。

桜葬霊園使用規則 

 

9月の様子です。
9月の様子です。
初夏の桜葬地(5月10日)。桜の元にも様々な花が咲いています。
初夏の桜葬地(5月10日)。桜の元にも様々な花が咲いています。
埋葬地、お花で飾られました。埋骨者の木札が立ちます。
埋葬地、お花で飾られました。埋骨者の木札が立ちます。
木札は古くなった時、要望があれば新しいものに交換されます。
木札は古くなった時、要望があれば新しいものに交換されます。

 

樹木葬の寺

天徳寺(てんとくじ)

 

〒298-0025

千葉県いすみ市山田1886

 

お問い合わせ・見学のお申し込みは お問い合わせフォーム からお願いいたします。