天徳寺桜葬霊園管理使用規則

天徳寺樹木葬 桜葬について

第1条(名称)
この墓地は天徳寺霊園(以下霊園)と称する。

第2条(本管理使用規則の目的)
本規則は、宗教法人天徳寺の設置する霊園の管理、使用が適正に行われる事を目的とし、霊園の管理、使用は本規則の定めるところによるものとします。

第3条(霊園設置の目的)
本霊園は荒れた山林に花木を植えて豊かなものに戻すと同時に、遺骨を花木のもとに埋葬し、自然に帰す目的で設置されたものである。

第4条(管理者)
本霊園は、宗教法人天徳寺の代表役員が管理します。

第5条(管理者の権限)
管理者は、本規則に定めるところに従って霊園を管理し、本規則に定めのない事項は別途管理者が決定します。

第6条(霊園の使用の承認)
霊園の使用を希望する者は、別に定める霊園使用申込書を管理者に申し込むものとします。管理者が使用を許可する場合は、霊園使用者名簿に登録するとともに使用者に対し使用許可書を交付し、規定の永代使用料を支払った時点より使用の効力が発生します。

第7条(永代使用料)
使用者は前条の使用許可書の交付を受けるまで管理者に対し、管理者が別途定める永代使用料を納付します。

第8条(使用者の義務)
使用者は、次の各号の定めに従い桜葬霊園を使用してください。
(1)桜葬霊園では、遺骨は桜の木の周りの指定された区画(直径0.38メートルの円)に埋葬します。
(2)桜葬墓地への埋葬を希望する者は、提供者に対して、使用許可証の提示、火葬許可証・火葬証明証・改葬許可証等の提出が必要となります。必要な文書が欠けている場合、また提出者側に合理的理由がない場合には、提供者は焼骨の埋葬を許可しないことがあります。
(3)使用者は、墓所に一切の物品(外柵・墓石・焼骨の容器・焼骨埋葬のためのカロート・木造建造物等)の設置ならびに使用はできません。
(4)使用者は、墓所を祭礼のために焼骨を埋蔵する目的で使用し、それ以外の目的には使用できません。
(5)使用者は提供者の承諾なく、墓所を使用する権利を第三者に譲渡し、または、墓所を第3者に転貸することはできません。
(6)使用者は、墓所に焼骨を埋葬するときには提供者に連絡し、許可を受け、提供者の立会いの下で埋葬しなければなりません。許可と立会いなく焼骨を埋葬した場合には、提供者は本契約を解除できるものとし、また埋骨した焼骨を使用者は撤去しなければなりません。提供者が撤去の指示をした日より一週間以内に使用者が撤去に応じない場合、直ちに管理者は墓地を現状に戻し、焼骨を撤去し、墓地内に定めた墓所に合葬するものとします。
(7)使用者は焼骨を埋葬するとき、地面を30cm以上堀り、直接、あるいはさらしに包み、焼骨を埋葬することとします。
(8)提供者が焼骨を埋葬する際、または墓参の際に読経、賛美歌等の宗教儀礼を行う場合、事前に儀礼内容について提供者に説明する義務を要し、その儀礼が天徳寺の寺院管理業務に支障をきたすと、提供者が社会常識的に判断した場合、その儀礼を禁止し、それに従わない場合には、霊園および境内からの退去を執行し、墓所使用の契約を解除できます。
(9)使用者は、事前に提供者と手順および費用を協議し、別に契約を結ぶことにより、使用者が焼骨の埋葬を自ら行うことができない場合、これを提供者に委任することができます。
(10)使用者は契約成立後、埋骨が行われるまでの間、年会費を納付します。年会費は契約一年以内に初年度の分を支払います。その後、一年ごとに支払うことになります。支払いは提供者から4月に郵送される振込用紙にて納入します。なお、契約者の経済的事情を考慮して、年会費を免除する場合もありますが、それは墓地提供者の判断の任されます。また契約者の埋骨終了後に遺族が墓参される場合、1年に一度以上の墓参に対して直接、年のはじめの墓参時に事務所に樹木葬地管理協力金(年会費と同額)をお納め下さい。墓参にいらっしゃらない年は必要ないということでもあります。この費用が樹木葬地の周りの環境を整備していくために使われます。

第9条(墓地の管理)
(1)提供者は、使用者が埋骨を執行した後、33年間は管理されます。その後は自然のままにします。墓所は提供者の判断により定期的に下草刈りを行います。
(2)使用者は埋葬時や墓参にあたり、線香等の火気の使用は提供者立会いのもとでなら許可します。また、供物、花等は提供者が後日撤去します。
(3)提供者が不在の場合がありますので、使用者は、墓参をする場合、提供者に対して、電話・ファックス・郵便・インターネットメール等で確認してください。
(4)提供者は使用者の区画に墓標として使用者の名前、あるいは故人名の木札を立てます。木札が劣化した場合、また木札へ書く名前に変更がある場合、使用者の申請により木札を立て変えますが、木札代の費用がかかります。使用者が自ら木札を用意することはできません。
(5)最新の埋骨の33年後、提供者は、他の使用者に墓所として新たに同位置の使用を認めることがあります。

第10条(墓地使用の取り消し)
(1)提供者は使用者が本規則の各条項に定めに反した場合、霊園使用の契約を解除できます。

第11条(使用者による契約の解除)
(1)使用者は、いつでも、本契約を解除することができる。
(2)使用者が埋葬済みの焼骨を改葬する際、一切の費用は使用者が負担するものとする。(1体あたり10万) なお、物価の変動により費用は更新される。

第12条(使用者による契約の解除)
(1)使用者は、いつでも、本契約を解除することができます。
(2)使用者が埋葬済みの焼骨を改葬する際、一切の費用は使用者が負担するものとします。

第13条(使用者の住所等の変更の通知義務)
使用者は、住所等の重要な変更があったときには速やかに提供者に通知する義務があります。

第14条(不可抗力)
提供者は、天変地異その他管理者の責任に帰すべき事由によらない霊園の損壊については、一切その責任を負わないものとします。

第15条(契約の解除時の返還金)
本契約が解除された場合には、墓所に焼骨を埋葬していなく、かつ、契約の成立後12ヶ月以内に限り、提供者は使用者に対しての永代使用料の5割を返還します。

第16条(本規則の変更)
本規則は霊園管理委員会の議決を以って改訂することができる。なお、改訂した場合、それを直ちに使用者に報告しなければならない。

付則1、 この規則は平成21年10月10日より実施する。

提供者

千葉県いすみ市山田1886

宗教法人 天徳寺
代表役員 二神成尊

 

樹木葬の寺

天徳寺(てんとくじ)

 

〒298-0025

千葉県いすみ市山田1886

 

お問い合わせ・見学のお申し込みは お問い合わせフォーム からお願いいたします。